(防ぎ側の)「無駄手」について

その手を打っても打たなくてもその後の手順に影響がない場合、 その手を無駄手と呼びます (無意味な手と呼ぶこともあります)。 攻め側、防ぎ側の双方に無駄手はありますが、 今回は防ぎ側の無駄手について、例を見ながら検討してみます。

防ぎ側の無駄手は、その後の手順に影響を与えていても、 直前の追い手への防ぎになっておらず、 別の勝ち手順を作り出している場合も含まれます。

追詰め問題特有の約束事 (1) にあるように、
 d. 防ぎ側はできるだけ手数が長くなるように防ぐ
となっており、無駄手のある解答は正解になりません。

攻め側が追い手で攻めているのですから、 防ぎ側の無駄手としては四ノビだけが考えられます。 無駄手かどうかは簡単に判断できそうですが、 状況によっては判断に迷うこともあります。

無効な四ノビに似ていると言えますが、 無効な四ノビは攻め側の追い手を防ぐ四でありながら 結果として防ぎとしての効果のないものであるのに対し、 無駄な四ノビはもともと防ぎに役立っていないものを言います。

容易に判断できる無駄手の例

b 05 04 13 11 ・・・・例a・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・○●○○・・・・・ ・・・・・・○●・・b・・・・ ・・・・・・・A●01・a・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

例a:

“黒1後Aの四三勝ち”の状況です。 ここで白はaやbに四ノビできますが、黒の勝ち筋に対しては影響を与えていないか、 追加の三を作らせているだけで、いずれも無駄手です。

無駄手か否かが次の手で決まる例

b 05 04 13 13 ・・・・例b・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・・・・・●○●・・・・・ ・・・・・○・●○○・・・・・ ・・・・・・・・・・03・・・・ ・・・・・b0401●●・02・・・ ・・・・・・・A・●05・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・

例b:

黒は1の三に続いて5のトビ三でAに四三を作ろうとしています。 白は2の四ノビ後に4と三を防いでいますが、この場合、2の四は無駄手です。 もし夏止めの形で4をbに打っていれば、 4の止めを実現させたという意味でその後の手順に影響を与えている2は、 無駄手でなくなっていました。

こうして、詰連珠問題の正解としては、約束事のd.に従って、 夏止めにして手数を伸ばす防ぎが選ばれることになります。

b 05 04 13 12 ・・・・例c・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・○○●●・・●・・・ ・・・・・●・・・●・・・・・ ・・・・・●・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ b 05 04 13 12 ・・・・例c解1・・02・・・・ ・・・・・・・・・03・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・○・b・・・・・ ・・・・・○○●●cd●・・・ ・・・・・●05・A●・・・・・ ・・・・・●・○・01・・・・・ ・・・・・・・・・e・・・・・ ・・・・・・・・・04・・・・・ b 05 04 13 12 ・・・・例c解2・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・○02・・・・・・ ・・・・・○○●●B・●・・・ ・・・・・●01・A●・・・・・ ・・・・・●・○・03・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

例c:

例cの図は黒先の問題図です。

例c解1では、黒1とミセ手から始め、“5後Aの四三勝ち”を狙っています。 白は2の四ノビ後に4と長連筋夏止めの形でミセ手を防いでおり、 2は意味のある四ノビになっています。 なお、4でb, c, dと防ぐと2は無駄手になります。 4でeの場合は、2がないと四追いが残りますので、2は無駄手になりません。

例c解1では、白2の四ノビが防ぎに入るため手数が伸びました。 例c解2のように1の三から始めれば、 3の両ミセに対して四ノビを使った長連筋夏止めの防ぎは Aのミセ手に対して効果なく、四ノビは無駄手となります。 結局、例c解1より手数を短くでき、これが正解となります。

例bや例cのような問題は、様々な防ぎ方を考えさせてくれます。 ちょっと意地悪とも言えそうですが、 詰連珠作者の中には、例bでの夏止めを見落としたり、 例c解1のように手順を誤る“失敗解答”を期待して、 このような問題を好んで出す人がいるかもしれません。