追い手とは

()() には次の種類があります。

相手が対応しなければ次に五 (白の場合は長連も含む) を作ることのできる手です。 相手が対応してもしなくても五を作ることのできる四を 達四(たつし) (または 棒四(ぼうし) )と呼びます。
相手が対応しなければ達四を作ることのできる手です。
ミセ手
相手が対応しなければ四三 (白の場合は四々も含む) を作ることのできる手です。
フクミ手
相手が対応しなければ四の連続で四三 (白の場合は四々や禁手を打たせる手も含む) を作ることのできる手です。

追い手をまとめて一言で定義すると、 「相手が全く異なる場所に三を作った時に、 それに対応することなく勝つ方法がある手」 となります。 (この中で「三」を使っていますので、不完全な定義ですが、 「三」を理解できていれば分かりやすいでしょう。)

追い手の速さ

「四」とそれ以外では速さが異なります。