「余詰め」について

詰連珠問題として望まれる性質に、

があります。 手順前後も遅延手も同じ勝ち筋を使うものです。 許容範囲内の手順前後は存在しても解とみなされますが、 遅延手の場合は「攻め側はできるだけ 手数 が短くなるように攻める」の約束事に従い、解とみなされません。

持つべきこの性質に反して、 想定する解とは異なる手であるにもかかわらず攻め側の勝ちになる手があり、 手順前後でも遅延手でもない場合、それは 余詰(よづ) と呼ばれます。 想定する解が分からず複数の異なる勝ち手順がある場合、 手数の長い方が余詰めと呼ばれます。 想定する解が分かっていて、その解より手数が短い場合、余詰めの一種ですが特に 早詰(はやづ) と呼ばれます。

例1:余詰めのある問題例 - 1

b 04 05 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・例1・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●○○・・・・・・ ・・・・・・●●●○・・・・・ ・・・・・○・●○・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
b 04 04 11 11 ・・・解1・・・・・・・・・・ ・・・・・・02・・・・・・・・ ・・・・・・01・・・・・・・・ ・・・・・03●○○・・・・・・ ・・・・A・●●●○・・・・・ ・・・・・○・●○・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
b 04 06 11 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・解2・・・・・・・・・・ ・・・・・・●○○・・・・・・ ・・・・・B●●●○・・・・・ ・・・・・○・●○・・・・・・ ・・・・・・○●02・・・・・・ ・・・・・・・030501・・・・・ ・・・・・・・04・・・・・・・

例1は単純な余詰めのある黒先問題です。

となっています。 異なる勝ち筋での勝ちで、解1の方が短い手数ですので、解2が余詰めとなります。

解2の図で、例えば最左の白石(Bの下)がノリ手にならない別の場所にあれば、 黒1・5の両ミセで勝ちにでき、同じ手数となります。 この場合、両方とも解、あるいは 両ミセという技法を使っているというような何らかの基準で一方を解、 他方を余詰めと呼ぶことになるでしょう。

例2:余詰めのある問題例 - 2

B 04 03 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・例2・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・○・・●○・●・・・・ ・・・・・●・・・・○・・・・ ・・・・・・●○○●・・・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
B 04 03 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・解1・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・○・・●○・●・・・・ ・・・・・●・・・・○・・・・ ・・・・・・●○○●・・・・・ ・・・・・・○●●イ01・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・ロ・b・・・ ・・・・・・・・・・・c・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・
B 04 03 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・解2・・・・・・・・・・ ・・・・・a・○・・・・・・・ ・・・・○・・●○・●・・・・ ・・・・・●・・・02○・・・・ ・・・・・・●○○●03・・・・ ・・・・・・○●●01A・・・・ ・・・・・・・・B・・・・・・ ・・・・・・・・・C・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・

例2は黒先の追詰め問題です。 これに対して、解1と解2の2通りの勝ち方があります。

解1は黒1の三後 (イロ)の四追いで四三勝ちで、手数は4です。 解2は黒1のAとCの両ミセに白2がノリ手を利用した好防で、 黒3でノリ手を防ぎつつAかBの両ミセで決めるもので、手数は5です。 ほとんど同じ勝ち筋を使っているように見えますが、 解2はBの剣先を利用していますので同じとは言えません。 こうして手数の短い解1が解、解2が余詰めとなります。 例1もそうでしたが、詰連珠問題として望ましい状況ではありません。

なお、詰連珠作者の立場で、解1だけを残したければ、 例えば解2の図でaの位置に白石を配置して解2の手順を消す、 といった工夫をすることになります。 解2だけを残したい時は、 例えば解1の図でbとcに白石を置けば実現できますが、 これはいかにも不自然な配置なので、 全体の配石を少し変更する等を考えることになるでしょう。

B 04 02 14 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・例3・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・ ・・・・●・・○・・●・●・・ ・・・・○・・・○・●○・・・ ・・・・・●・・●・○・・・・ ・・・・●・●○○●・○・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

もう少し自然な配石で解2だけを残すようにと考え手数を伸ばしてみた結果が 例3の黒先問題です。 余詰めを消すために石が増えましたが、 好手・好防の連続で、なかなか面白い手順になりましたので、 参考までに示しておきます。 譜のクリックで問題を解くページに移ります。