問題例 (黒先・追詰め)

b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・・○・●・・・・・ ・・・・●・・・○○・・・・・ ・・・・○・○●・・・・・・・ ・・・・・●○●●・・・・・・ ・・・・・●●○・●・・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 三後四三

自明でない最も簡単な追詰め問題は、“三後四三”の形でしょう。 この観点から詰連珠と呼んでもよさそうな問題を作ってみましょう。

b 05 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・a・・・・・・・・・ ・・・・・A・・・・・・・・・ ・・・・・b・●・・・・・・・ ・・・・・●・・●・・・・・・ ・・・・・●・・・●・・・・・ ・・・・・c・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: “三後四三”という単純な順だけど、できるだけ詰連珠的な趣向を出せるよう、 図の状況でのAのトビ三への止め方a/b/cに応じて、 2通り以上の四三のいずれかで勝つようにしてみることを考えます。


b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・a・・・・・・・・・ ・・・・●A・・・・・・・・・ ・・・・・b・●・・・・・・・ ・・・・・●・・●・・・・・・ ・・・・・●・・・●・・・・・ ・・・・・c・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図1、黒先: トビ三に通常まずは中(b)止めから考えますが、 その場合に四三ができるようAの左側に黒石を置きます。 下(c)止めの場合も同様に四三ができます。

次に上(a)止めの場合を考えます。 その時はcで四三ができるようにしましょう。


b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・a・・・・・・・・・ ・・・・●AB・・・・・・・・ ・・・・・b・●・・・・・・・ ・・・・・●○●●・・・・・・ ・・・・・●●○・●・・・・・ ・・・・・c・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図2、黒先: 黒石を追加して、Aのトビ三をどう止めても次に四三ができるようにしました。

しかし、aからの四追い、B・Aとヒイていく勝ち筋等があります。 白石を追加して、目的の勝ち筋だけが残るようにします。


b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・・○・・・・・・・ ・・・・●・・・○○・・・・・ ・・・・○・○●・・・・・・・ ・・・・・●○●●・・・・・・ ・・・・・●●○・●・・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図3、黒先: 目的以外の勝ち筋に対しては、直接追い手でないようにしたり、 ノリ手や先に三ができるように白石を追加して、 本来の勝ち筋だけが残るようにしました。

しかし、よくあることですが、 黒石より白石が多くなってしまいました。 攻めに関係なく、防ぎの邪魔をしないところに黒石を加えて調整します。


b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・・○・●・・・・・ ・・・・●・・・○○・・・・・ ・・・・○・○●・・・・・・ ・・・・・●○●●・・・・・・ ・・・・・●●○・●・・・・・ ・・・・・・・・・・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒9、白9): これで局面はできあがりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)

できるだけ実戦風の局面になるよう、ここでは省略していますが、 基本珠型から生じたかのように 必要ならば天元の位置の変更や回転・反転をして完成です。


b 05 03 13 11 ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・○○・●・・・・ ・・・・・●・・・○○・・・・ ・・・・・○・○●●・・・・・ ・・・・・○●●○●・・・・・ ・・・・・・●・・・●・・・・ ・・・・・○・・・・・○・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図、黒先・追詰め (黒10、白10): 上記はかなり整理して記述したものです。 実際は、上止めの時に中(b)で四三を作ろうとの考えで、 途中でこの図もできていました。 (問題を解くページへは譜のクリック)

下(c)で四三ができた方が良さそうということで、これはボツになりました。