問題例 (黒先・追詰め)

b 03 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・●・○・・・・・ ・・・・●○○●○・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 端止め絶対のトビ三 - a

相手のトビ三には通常中止めから検討しますが、 端止め、特に連続した四ノビが残る側に止めることはあまり起こりません。 それが最も良い止めになる時は、そのトビ三と止め手は好手となりやすいものです。

b 03 04 09 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・a・・・・・・・ ・・・・・・A・・・・・・・・ ・・・・・B・●・・・・・・・ ・・・・●・・●・・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: Aのトビ三に白aが絶対止めになるようにして、 残ったBの剣先を利用して勝ちを作るようにします。

初手のAは、四の連続で打てる点であること、 四々の点を作る手であることから、やや意外感のある解にできるでしょう。


b 03 04 09 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・a・・・・・・・ ・・・・C●A・・・・・・・・ ・・・・・B・●・・・・・・・ ・・・・●・・●・・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 剣先の左側に黒石を置くことで、黒Aに白a止めを絶対にできます。

黒A・白a・黒C後Bで四三勝ち、の筋を使って問題図にしてみましょう。


b 03 05 10 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・○・・○●・・・・・・・ ・・・・●○・●○・・・・・・ ・・・●・○・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図黒先・追詰め (黒6、白6): 余詰めがないように白石を追加して完成です。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 10 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・●○・●○・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1b 作例1の改変図黒先・追詰め (黒6、白6): 作例1で左上の白石がなければ、黒1・3とした状況がかなり黒の好形なので、 “3後四三”で終わるのでなく、解を長くできるのではないかとして作った図です。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 10 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・a・・・・・・・ ・・・・・CA・●・・・・・・ ・・・・・BD●・・・・・・・ ・・・・●・・●・・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 剣先の右側に黒石を置くことでも、黒Aに白a止めを絶対にできます。

a止め後、C・Dと三をヒイていくことで、Bでの四三に結び付けられます。 この手順だけが解となるよう白石を配置できれば完成です


b 03 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・●・○・・・・・ ・・・・●○○●○・・・・・・ ・・・●・・・●・・・・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒6、白6): 黒白の石数が同数になるようにしつつ、 トビ三を中に止めると白に三ができるようにすることで、 初手の発見を少し難しくしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)