問題例 (白先・追詰め)

w 05 04 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・○・●・・・・・ ・・・・・・●●○●●・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・・●○・●○・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: ここに打たせたい - a

w 05 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・A・○・・・・・・・ ・・・・・・B・・・・・・・・ ・・・・・CX○○●・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

原図、白先: 白Aの四でB点に打たせるとX点が禁点になります。 一方、白B・Cと四・三の追い手で白石がC点にくればX点の禁手を狙えます。

上記ではAとBの剣先を両方使っており、そのままでは実現できません。 しかし、これらを両立させる好手があり、それはCのミセ手です。


w 05 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・○○●・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・・・a○・・・・・ ・・・・・・・・○・●・・・・ ・・・・・・・・A・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例1 途中図、白先: 原図は、石数の調整を除き、既に追詰め問題になっていますが、 右図a点の黒石は白Aの四ノビで打たせることにして、 原図の意図が問題図に現われにくいようにします。

自由に白Aの四ノビができると多くの手順前後が可能になりそうなので、 四ノビは最後の四追いの中に限定できるようにします。


w 05 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・○○●・・・・・ ・・・・・・●●○●●・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・○●○・●・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例1 完成図、白先・追詰め (黒9、白8): 要求を満たすように単純に問題化した形です。 初手の好手は明白で、 余詰めを消すために黒石が増え、その結果攻めに関係のない白石も増えています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


w 05 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○A●・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・・・○・●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例2 途中図、白先: 作例1途中図の1歩手前の図から考え直し、 白Aの三を使って1手長い追詰めにしてみましょう。


w 05 04 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・○・●・・・・・ ・・・・・・●●○●●・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・・●○・●○・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、白先・追詰め (黒8、白7): 手筋は変わらず問題の複雑さはやや増した程度ですが、 問題図の盤面はかえって簡潔になりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)