問題例 (黒先・追詰め)

b 02 03 12 12 ・・・○●・・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・●○・○・・・・・・ ・・・・・○●・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・○○●・・・・・・ ・・・・・○・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 同一列内の両ミセ - a

同じ列の中の2ヶ所に四三のミセがあるのは珍しい形で、 このような形で勝ちになる手筋を主題とします。

b 04 05 13 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○01・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・●・A●●・B●・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: AとBの両ミセであるこの1が決め手となるように問題を作ることにします。

左右に離れた黒石2個が不自然な形なので、自然な形になるようにも考慮します。


b 04 04 13 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○B・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・A・・●●・・●・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 左側の点Aに追い手で黒石を置けるようにしてみます。 例えば、ミセ手でAに置き、次にBで両ミセとします。

Bから始める手順前後や、 黒の形が良いことから出そうな余詰めへの配慮が必要です。


b 04 04 13 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・●・・○・・・・ ・・・・・・・○・・・○・・・ ・・・・・・○●○・○・・・・ ・・・・・・・●●・・●・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 黒先なので、黒白の石数が同数になるようにしつつ、 余詰めや手順前後をなくすため、 初手や途中での四ノビ等、解以外の手には白に三ができるよう配置しています。 (問題を解くページへは譜のクリック)

黒3後の四三となる短手数ですが、ミセ手・両ミセ手の連続であり、 中級レベルの問題となっています。


b 04 03 13 12 ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・A・・●●C・B・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 右側の黒石も不自然なので、追い手で打てるようにしましょう。

ここでは三でB点に打つ図を考えます。 A・Bの手順前後を許さないようにしたいのですが、まずは余詰めの解消が重要。 白石の多くの配置に対し、Cからの余詰め等がなかなか消えません。


b 02 03 12 12 ・・・○●・・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・●○・○・・・・・・ ・・・・・○●・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・○○●・・・・・・ ・・・・・○・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒7、白7): 2つの三の手順を固定にすることはできませんでしたが、 余詰めを消した完成図です。 白石が増えたために、無駄な黒石が置かれています。 (問題を解くページへは譜のクリック)