問題例 (黒先・追詰め)

b 01 05 10 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・○・●・・・・・・・・・ ・・・●・・・●●・・・・・・ ・・・・●・○・・・・・・・・ ・○●○・●・○・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 同一列内の両ミセ - b

同じ列の中の2ヶ所に四三のミセがあるのは珍しい形で、 このような形で勝ちになる手筋を主題とします。

b 04 06 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・01・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・●●A●B●●・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: AとBの両ミセであるこの1が決め手となるように問題を作ることにします。


b 04 06 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・●●・●・●●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 少しだけ変形し、1回の三で原図になるようにしたものです。

黒石はこのままでよいとすると、 黒の形が悪くないので、余詰めが生じないよう、 白石を注意深く配置する必要があります。


b 04 05 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・●・・・・・ ・・・・・○・●・○○・・・・ ・・・・●●・●・●●・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): 白石を配置して局面はできあがりましたが、 原図が透けて見える感じで、詰連珠として完成とは言い難いレベルです。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 07 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・●●・B・●●・・・・ ・・・・・・A・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: A・Bと2回の三で原図になるように黒石を配置しました。

余詰めが生じないよう、またA・Bの手順前後を許さないよう、白石を配置します。


b 04 06 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○○・・・・・ ・・・・・・・●・・○・・・・ ・・・・●●・・・●●・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・○・●・○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 余詰めなく、初手で前図Bだと白に三ができ失敗、となるよう白石を配置できました。 ただし、問題図の黒白配置が不自然なのがやや不満というところでしょう。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 07 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・A●・・・●●・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・●・・B・・・・・・・ ・・・・・・・・b・・・・・・ 黒先

作例3 途中図、黒先: 追い手でAに置くようにできると原図が更に見えにくくなりそうです。 Aを追い手にするために黒B・白bの交換が必然であるようにしたいのですが、 黒の形がよくなりすぎて余詰めを消すのに多くの白石が必要になります。


b 01 05 10 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・○・●・・・・・・・・・ ・・・●・・・●●・・・・・・ ・・・・●・○・・・・・・・・ ・○●○・●・○・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例3 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒8、白8): 基本的に作例2と同じですが、 予め長連筋を敢えて伸ばすというところに面白味がありそうです。
(問題を解くページへは譜のクリック)