問題例 (黒先・追詰め)

b 06 05 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○○●・・・ ・・・・・・・●・・・●・・・ ・・・・・・●○・・・○・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: ノリ切り達四勝ち - a

四三を四でノラれて勝ちがなくなるのは残念ですが、 ノリ手がトビ四でその隙間に打つ手が三を達四にするノリ切りの手であれば、 スリルもある綺麗な勝ちになります。 やや読みづらい勝ち筋ですので、詰連珠での最終形にふさわしいものの一つです。

b 06 05 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・○・●・・・・ ・・・・・・●●・イ●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: ノリ切り達四勝ちとなる1つの形。

イの直前の手が図のどれかの黒石になるように、 少し複雑化する方向で作ってみます。


b 06 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○●●・・・ ・・・・・・・●●・・A・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 初手を三でAに打つ手とすると、ノリ手となる白石もできます。


b 06 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・○○●●・・・ ・・・・・・○●●・BA・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 白石を配置しました。 Bから打ち出す手もありそうで成立しないようになっていて、 詰連珠問題らしくなっています。 これで局面はできあがりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 06 05 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・・・・●○・●・・・ ・・・・・・・●A・・●・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 三でA点に打つ手を初手としてみます。 最初から白に剣先がありますが、 剣先が防ぎに役立ちそうで役立たないことが強調できます。


b 06 05 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○○●・・・ ・・・・・・・●・・・●・・・ ・・・・・・●○・・・○・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒5、白5): 前図で三の1手を増やしてみます。 途中でできる白の剣先を使って、 (四ノビ無効ながら)連続した四ノビの可能性があります。

三を止める毎に白の剣先が増え、 勇気と読みが必要な初手・2手目という意味で、好問題と言えるかもしれません。 (問題を解くページへは譜のクリック)