問題例 (黒先・追詰め)

b 06 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・○・・・・・・ ・・・・・・●・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 相手の四三をノリつつのミセ手 - a

相手に四三の点があるとまずは直接止める方法から考えるものですが、 ノリ手で防ぐ手があるかもしれません。 その手が追い手になっていれば反撃のチャンスでもあります。 ノリ手で逆転、は連珠の醍醐味の一つです。 ここでは反撃が成功するノリ手の例を見てみます。

b 06 04 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●B・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・A・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 相手の白はB点で四三を作ることができる状況です。 ここでAに追い手で打つことができれば、 白の四三はノリつつ黒の四三はノリ切り勝ちにできます。


b 06 04 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 原図に黒石を1つ追加しただけですが、これで意図した勝ち方が可能になります。 ただし単純ですので、この図になる一歩手前の形で問題にしてみます。


b 05 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・・・●○○・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 下の方から三をヒイて途中図になるようにしています。 初手の三を止める白の手が四三のミセ手になるので、打ちづらいかもしれません。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 06 03 13 10 ・・・・・・○・・●・・・・・ ・・・・・・・・・○●・・・・ ・・・・・・●・・・・○・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・●○・●・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 作例1と同じ考え方ですが、上の方から三をヒイて途中図になるようにしています。 これも初手の三を止める白の手が四三のミセ手になるので、打ちづらいかもしれません。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 05 04 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○B○・・・・・・ ・・・・・a●Aa●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例3 途中図、黒先: A・Bとヒイていく手順で実現できないかを考えてみます。 初手のAにはaで示した2種類の防ぎがいずれも強防になりそうです。


b 06 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・○・・・・・・ ・・・・・・●・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例3 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒5、白5): 途中図からは石数調整のための白石追加だけですが、 2つの強防それぞれに本ページの趣旨を反映した攻めが存在する問題になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●○・・・・・・・・ ・・・・○・●・・・・・・・・ ・・・・●・・○・・・・・・・ ・・・○・●・●○・・・・・・ ・・・・●○・・○●・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・○●○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例4 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): (問題を解くページへは譜のクリック) 黒・白の配置が少し異なり、余詰めを消すためと石数調整で石が多くなっていますが、 同じ趣旨の問題です。