問題例 (黒先・追詰め)

b 04 03 13 12 ・・・・・・・○●・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・●○・・○●・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・○●●・・・・・・・ ・・・・・・・○●・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 隣接する四三の点 - a

両ミセで終わり、というのはありがちな終局場面ですが、 その両ミセの四三の点が隣り合っていることは珍しいと思われます。 その珍しい終局を実現する問題を考えてみます。

b 05 03 13 11 ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・●・・・・ ・・・・・○●●・●AB・・・ ・・・・・・・・・・●・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: AとBが隣接する四三の点になっている両ミセの図です。 最終盤がこの図になるようにしてみましょう。


b 05 03 13 11 ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・●・・・●・・・・ ・・・・・○●●・●AB・・・ ・・・・・・・・・・ロ・・・・ ・・・・・・・・・イ・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: イ・ロと進めての両ミセが可能な黒の配置です。 途中でBの四ノビができないのは当然ですが、 Aの四ノビも許さないようにして、両ミセだけが勝ちになるようにすべきでしょう。


b 04 03 13 11 ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・○・・●・○・・・ ・・・・●・●○・○●・・・・ ・・・・・○●●・●・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒8、白8): ほとんど途中図に白石を配置しただけの図ですが、目的は達成できているでしょう。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 05 03 13 11 ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・●・・・・ ・・・・・○●●・イ・・・・・ ・・・・・・・・●・ハ・・・・ ・・・・・・・・・ロ・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: イ・ロまたはロ・イとしてからハという勝ち方にすることで、 最後の両ミセが少し予想しづらくなり難しめの問題になります。 途中の四ノビ不可は作例1と同様ですが、 イ・ロまたはロ・イの一方だけが解になるよう限定するようにします。


b 04 03 13 12 ・・・・・・・○●・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・●○・・○●・・・・・ ・・・・・・・・○○●・・・・ ・・・・・○●●・・・・・・・ ・・・・・・・○●・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒8、白8): 珠順は限定され、白のノリ手防ぎへの対応も考えてもらう問題になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)