問題例 (黒先・追詰め)

b 05 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・●○・○・●・・・ ・・・・・・●・・○・・・・・ ・・・・・○●●●・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 大きく飛び出す両ミセ手 - a

膠着状態になった局面では、大きく飛び出す手が好手になることがあります。 三の先や剣先が離れている局面では、 それらを結び付けるように大きく飛び出す手を打つことで有利になるかもしれません。 このような手は、特に初心者・初級者には気付きにくいと思われ、 追詰め問題の最終局面にふさわしい手となることでしょう。

b 04 04 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・●○●●●・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・01・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 最終が1の両ミセ手になるように作ります。

このように離れた手が決勝打になるのは気持ち良いものです。


b 04 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・A○●●●・・・・・・ ・・・・・・・・・B・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 原図になるよう、AやBの点に追い手で打てるようにと考えた図です。


b 04 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・●・○・・・・・・ ・・・・・・●○○・・・・・・ ・・・・・○●●●・・・・・・ ・・・・・・・○○●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): 途中図で、Aだけを追い手で置くことにして作った図です。 途中での四ノビは不可、となっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・・○・●・○・・・・・・ ・・・・・C●・○・・・・・・ ・・・・・○●●●・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 作例1・途中図のB点にも追い手で黒石を打てるようにと考えた図です。 2回の三の手順前後を許さないようになっていますが、


b 05 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・●○・○・●・・・ ・・・・・・●・・○・・・・・ ・・・・・○●●●・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒7、白7): 前図の欠点がなくなるように黒白石を再配置してみた図です。 他の点に置くと余詰めが出るため、 紛らわしい位置に無駄な黒石を置くことになりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)