問題例 (黒先・追詰め)

b 03 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・●・・○・・・・・・・・ ・・・○・●・・・●・・・・・ ・・・・・○・・・○・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 四ノビ防ぎを無効にする - a

勝ちがありそうなのに相手の剣先が邪魔して勝ちにならないことはよくあることです。 ここではそのように見える状況なのに勝ちにできる形で問題を作ってみます。

b 04 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・●・・●●・・・・・ ・・・・・・○A・・・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 黒の攻めをいかにも邪魔しているように見える剣先ですが、黒Aの両ミセには何の役にもたっていません。 最後の決め手が図のAの手になるようにします。


b 04 04 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・●●○・・・・ ・・・・○・・・○・・・・・・ ・・・・●・・●●・○・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 原図が既に途中図になっており、 黒の配置は原図になる一歩手前と言えるものです。 次の好手が見えないと初手が打てないように白を配置しています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・●・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 2回の三で原図にできる図ですが、作例1と同様に、 最後を両ミセにするために途中での四ノビを許さないようにしなければなりません。


b 03 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・●・・○・・・・・・・・ ・・・○・●・・・●・・・・・ ・・・・・○・・・○・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒6、白6): 白の攻め味を含め、読み切っていないとまず打てない手順になっており、 短い手数の割には難問と言えるのではないでしょうか。 (問題を解くページへは譜のクリック)