問題例 (黒先・追詰め)

b 04 05 13 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○●・・・・ ・・・・・○・・○・○・・・・ ・・・・・●・●●・●・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 同一列内の両フクミ - a

長連筋は“長連禁の卵”であり、あまり望まれるものではありません。 しかし時には長連筋の同一列内の点を拠点として攻めが成立することもあります。

b 04 04 11 09 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・甲・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・●A●●B●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 図は例ですが、甲はAとBの四三を見ている両ミセになっています。 ここではミセ手ではなく、AやBから始まる四追いになるように作ってみます。


b 04 05 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・甲・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●イ●●ハ●・・・・・ ・・・・・ロ・・ニ・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 黒が甲と打つことで、イロの四追いとハニの四追いができて勝ちに至るようにしてみましょう。


b 04 03 13 13 ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・・●・●●・●・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・○・●・・・・・ ・・・・・・・●・○・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): ほぼ線対称の形ですが、配石を僅かに変えることで解を一意にしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 07 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●イ●●ハ●・・・・・ ・・・・・ロ・ニ・・・・・・・ ・・・・・・甲・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 黒が甲と打つことで、イロの四追いとハニの四追いができて勝ちに至るようにしてみましょう。


b 04 05 13 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○●・・・・ ・・・・・○・・○・○・・・・ ・・・・・●・●●・●・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒7、白7): 途中図の最終手を実現するために三をいくつか必要であるようにしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●・・・・・・・・・・ ・・・・●イ・ロ・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・甲・●・・・・・・・ ・・・・・・・・ハ・・・・・・ ・・・・・・・●・●・・・・・ ・・・・・・・・ニ・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例3 途中図、黒先: 長連筋を斜めにしても作れるでしょう。 黒が甲と打つことで、イロの四追いとハニの四追いができて勝ちに至るようにしてみます。


b 03 03 12 11 ・・・・○・・・・・・・・・・ ・・・・●・・・・・・・・・・ ・・・○●・●・・・・・・・・ ・・・・・○●○○●●・・・・ ・・・・・・○●●○○・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・・・・●●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例3 完成図、黒先・追詰め (黒10、白10): 途中図をもとに比較的素直に問題にしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)