問題例 (白先・追詰め)

w 03 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・○●・●・・・・・ ・・・・・・・●●○・・・・・ ・・・・●●●○・・・・・・・ ・・・・○○●○●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 禁手要素の黒石なしでの三々禁 - a

既に三々禁の点が盤面にある場合は、それを狙っての手順を考えてみようと思うことでしょう。 それに対して、結果的には三々禁になるけれど、 それを構成する黒石が全くあるいはほとんどない場合、 禁手になることに気付きにくいためにそれを狙う発想自体がなかなか出てこないことが多いものです。

ここではそのような状況での三々禁狙いをテーマにし、テーマを際立たせるため 問題図には禁手を構成する黒石が全くない場合を考えます。 ただ、このページ内ではそのテーマであることが大きなヒントになっていますので、 どのような状況だと三々禁が狙えるかを学ぶ練習問題になっています。

w 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・X・・・・・・・ ・・・・・・・Ax・・・・・・ ・・・・・x・○・・・・・・・ ・・・・x・・○・・x・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

原図、白先: 問題図ではx点に黒石がないけれど最終図ではx点に黒石があり、 Aの四ノビでX点が三々禁になるようにします。


w 04 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・x・・・・・ ・・・・・・x・・・・・・・・ ・・・・・x●○○○・x・・・ ・・・・・○○●○・・・・・・ ・・・・・○・・●○・・・・・ ・・・・●・・・・・●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例1 途中図、白先: 図のようになっていれば、四追いでx点に黒石を置かせることができ、 目的を達成できそうです。 あとは余詰めのないよう問題図として完成させることになります。


w 04 05 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●○○○・・・・・ ・・・・・○○●○●●・・・・ ・・・・・○●●●○○・・・・ ・・・・●・・・●・●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例1 完成図、白先・追詰め (黒10、白9): 追い手では止められない黒の三による勝ち筋を配置することで、 四追いでの勝ちであることを強く示唆していますが、 盤上にない黒石を使う禁手狙いのため読みにくいでしょう。 (問題を解くページへは譜のクリック)


w 05 04 13 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・x・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・x・○○・○●・・・ ・・・・・・○・○・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例2 途中図、白先: 問題図を作るための図で、このようになっていればx点に黒石を置かせることができて 目的を達成できそうです。 数回の三を入れて、図にある三々禁の構成黒石も三を止めることで入るようにします。


w 03 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○○・・・・・・ ・・・・・・○●・●・・・・・ ・・・・・・・●●○・・・・・ ・・・・●●●○・・・・・・・ ・・・・○○●○●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、白先・追詰め (黒9、白8): 気付きにくい最終状態に加え、手順の妙を入れた難問になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)