問題例 (黒先・追詰め)

b 05 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○●●・・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・○●●・●・・・・・ ・・・・・●○・●○・・・・・ ・・・・・・○・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 四々の禁点の逆用 - a

白にとって四々はノリ手を許さない極上の勝ち方と言えますが、 黒にとっては極めて残念な形です。 ここではその残念な形からの巧みな打ち回しでの勝ち方を検討します。

b 06 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・A・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●●B●・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 四々禁のあるこの形を利用しての勝ちを作ることを考えます。

A点に黒石を置くことができれば、長連筋となるため禁点を解除できます。 B点で達四を作る、あるいは四追いの開始点にする、等の考え方で進めることにします。


b 06 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・B・・・・・・ ・・・・・・・・●●・・・・・ ・・・・・・・・・・A・・・・ ・・・・・・●●・●・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図1、黒先: A・Bと三をヒケば目的を達成できます。 四々禁が解除され、横の三を達四にできます。

この手順が唯一の解になるよう、余詰めや手順前後のないように白石を配置します。


b 06 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○●●・・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・・●●・●・・・・・ ・・・・・・○○●○・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図黒先・追詰め (黒7、白7): 原案以外の攻め筋が消えるよう、厳しいくらいに白石を配置しています。 手数が短いのはやむを得ないとして、変化も少ない問題です。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 05 04 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・03・・・・・・ ・・・・・・・○●●・02・・・ ・・・・・a・○・○01・・・・ ・・・・・○●●イ●・04・・・ ・・・・・・○・●○・・・・・ ・・・・・・・・●○・・・・・ ・・・・・・ハ・ロA・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 作例1では物足りないので、その追詰め完成時の局面ですぐに達四にならないよう 横の三の端に白石を置いてみて少しいじると、 図のようにA後(イロハ)の勝ち筋が見えてきます。 Aの三をaに止めても、黒イロでノレているようでノレていないのが面白い図になっています。

四追い前に三が3回入るので、手順前後を許さないように白石を配置します。


b 05 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○●●・・・・・ ・・・・・・・○・○・・・・・ ・・・・・○●●・●・・・・・ ・・・・・●○・●○・・・・・ ・・・・・・○・●○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒8、白8): 作例1でもそうでしたが、初手の三に対する反対止めには四追いが残っています。 初手あるいは2手目で途中図のAの三をヒクと、黒負けになるようにしています。 白石が増えたので、攻めに関係のない黒石(左端)を置くことになりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)