問題例 (黒先・追詰め)

b 03 03 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・○●●○○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○○・●●○・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 四々の禁点の逆用 - b

白にとって四々はノリ手を許さない極上の勝ち方と言えますが、 黒にとっては極めて残念な形です。 ここではその残念な形からの巧みな打ち回しでの勝ち方を検討します。

b 05 04 10 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・A・・・・・・・ ・・・・・・・B・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 四々禁のあるこの形を利用しての勝ちを作ることを考えます。

A点に黒石を置くことができれば長連筋となって禁点を解除でき、斜めの三が復活します。 また、Bに打つ手は次にAの四で三を復活させるフクミ手 (離れた場所ながら四と三を次に同時に作る手なので、ミセ手と言うべきでしょうか) になります。


b 05 04 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・a・・・・・・・ ・・・・・・・●●○・・・・・ ・・・・・・・b●・・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・・A・・C・・・・ ・・・・・・・B・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: AあるいはBが初手の候補となるように作ってみましょう。 白は、Aだと(間接的に)三なのでa等に止めることになり、 Bだとフクミ手なのでa等に加えAにも止めることができます。

Cへの飛び出しを使い、それだけでは不足なので下辺に黒石を追加して、 AまたはBに置いた石と連携して下辺で勝つ筋を作ります。


b 04 04 13 14 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・○・・・・・・・ ・・・・・○●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●●○・・・・・ ・・・・・・○・●・○・・・・ ・・・・・・○●○・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒8、白8): (問題を解くページへは譜のクリック) 途中図のAやBが初手の候補ですが、一方が正解、他方が失敗となるように作った図です。


b 04 04 10 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・X○・・・・・・ ・・・・・・・●●・・・・・・ ・・・・A・●C・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・・・B・・・・・・・・ ・・・・・・・D・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: Cの四三を狙うAのミセ手や、 (C D)で四三を狙うフクミ手のBに対し、白はCと止められません (Xの禁点が解除され三が復活します)。 急所の点を直接止められないため、 黒は攻撃力を残すことができ攻めを続けられやすくなっています。


b 04 04 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・○●●○・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・○○・●●○・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・●○●・・・・・・・ ・・・・○・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図、黒先・追詰め (黒8、白8): (問題を解くページへは譜のクリック) 白も少しは抵抗できるようにし、余詰めや手順前後をなくした図です。

ページ先頭の問題例は、最初に1回の三でこの図になるように、 いくらか難しくした図です。