問題例 (白先・追詰め)

b 04 05 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・○●●・・・・・ ・・・・・●・●○○・・・・・ ・・・・・●・○●●○・・・・ ・・・・・・○・・○・・・・・ ・・・・・・●○●●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: ひとめ好手なのだが… - a

一見して好手らしき手が見え、それで勝ちがありそうなのですが、 僅かな局面の違いでその好手らしき手で勝ちがないことがあります。 そのような局面でも別の手で勝ちが出るような問題を作ることにします。

w 04 06 11 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●●・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・●・○・・・・・・・ ・・・・AX○○●・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

原図、白先: 図のような局面では、X点での禁手と四追いでの四三の両方を狙うA点が好手となり 勝負が決まることが多くあります。 しかし周囲の状況によってはA点が好手でなく別の手が好手となることもあるでしょう。


b 03 06 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●●・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・A●●・○・・・・・・・ ・・・・・X○○●・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例1 途中図、白先: 黒はAの三ヒキでX点の禁手を逃げることが可能になります(なぜでしょうか?)。 これを使って上で述べた趣旨を実現する問題にしてみましょう。


W 03 04 11 14 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・●・・・・・ ・・・・・・●○○・・・・・・ ・・・●○・○○●●・・・・・ ・・・○・・●●○・・・・・・ ・・・・●●・○・・・・・・・ ・・・・・・○○●・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例1 完成図、白先・追詰め (黒13、白12): 趣旨を実現し余詰めを消すために石が増えましたが、 初手で好手らしき手を打つと黒勝ちになっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 06 11 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・●●・・・・・ ・・・・・・・●○○・・・・・ ・・・・・●・○●・・・・・・ ・・・・・・○○●・・・・・・ ・・・・・・・○●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例2 途中図、白先: 近くに黒の剣先があると防ぎに役立つかもしれません。 でもどこかに詰みを残しておかねば詰連珠になりません。


b 04 05 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・○●●・・・・・ ・・・・・●・●○○・・・・・ ・・・・・●・○●●○・・・・ ・・・・・・○・・○・・・・・ ・・・・・・●○●●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、白先・追詰め (黒10、白9): 主題となる手を2手目にもっていくことで、難しめにしています。 剣先が防ぎにどのように役立つか、それを回避するためにどのように攻めるべきか、 考えることは多そうです。 (問題を解くページへは譜のクリック)