問題例 (黒先・追詰め)

b 02 04 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・●●○・○●○・・・・・ ・・・・○・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・○・●・●・・・・・・ ・・・・・○・○・○・・・・・ ・・・・●○・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 三々か否三々かの判断 - a

三々のように見えても三々でない場合も時に出現します。 ここでは三々か否三々かを正しく判断できて初めて解手順を見つけられるように 問題を作ろうと思います。

b 05 06 10 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・●・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 三々に見える点が多くありそうな図です。この図をもとに三々を避けながら、 かつ三々の点を利用して、勝ち手順があるようにします。


b 04 05 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○B・●・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・●X●A・・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図1、黒先: X点は三々々になっています。 従って、Aと打っても横が三にならず縦の三だけの否三々です。 その状態では四三々の禁点であるX点に打てませんが、 この禁点を解除できれば勝ちにつなげられそうです。 そのようにして勝ちが出るよう、他では勝ちが出ないよう、石を配置します。


b 03 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・●●○・○●○・・・・・ ・・・・○・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・・・●○●・・・・・・ ・・・・・○・・・○○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): 途中図で示した方針が唯一の解となるようにした図です。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 05 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・○●・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・・○・○イ○・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 作例1の手順だと白イからの反撃があるようにした図です。 このような状況からでも勝ちが出るように作ってみます。


B 02 05 12 14 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・●●○・○●○・・・・・ ・・・・○・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・○・●・●・・・・・・ ・・・・・○・○・○・・・・・ ・・・・・○・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒10、白10): 白の四ノビへの注意だけでなく、 三々か否三々かの判断を繰り返しさせる形になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)