本ページの構造

このページは他のページとは異なり、 「ここでの観点」で示す問題提起を解決する小作品群となっています。 小作品群ですので途中図は示さず、作例だけを示しています。 各問題がどのようにして提起された問題を解決しているか、 各小作品を解くことでご確認下さい。


ここでの観点: 四三々の点を解禁して四三にする - a

四や三が重複すれば相手は防ぐことができない筈なのに、 黒の場合、悔しいことに重なり過ぎると禁手になって打つことができません。 重なり過ぎていれば余分な三や四を取り除けば勝ち形にできますので、 その方法を見ていくことにします。

b 05 05 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・X・●●・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・●・●・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: X点が四三々の禁点になっている図です。 状況によってはこの禁点を解禁しX点で四三を作ることができます。 状況に応じて様々な方法がありますが、それらの状況と方法を見ていくことにします。


b 05 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・・●●・・・・ ・・・・・○●●○・・・・・・ ・・・・・●○●○○・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): 最もオーソドックスと言える方法で解禁できます。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 13 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●●・・・・ ・・・・・・●●○○・・・・・ ・・・・・●○●○・○・・・・ ・・・・・・○●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): これも一手で解決できます。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・○○・・・●●・・・・ ・・・・・・●●・○・・・・・ ・・・・・●○●・・○・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・○・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例3 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): 一手では解決できませんが、難しくありません。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・・○・・・●●・・・・ ・・・・○・●●・○・・・・・ ・・・・・●・●・・○・・・・ ・・・・・○○●・・・・・・・ ・・・・・●・○○・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例4 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): 禁点を解除することは、どの石がどこにあればよいか、を考えることです。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 03 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・・●●・・・・ ・・・・○・●●・○・・・・・ ・・・・・●○●○・○・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・○・・・○●・・・・・・ ・・・・・・○・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例5 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): 左下の白石の意味を考えましょう。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●●・・・・ ・・・・・○●●○○・・・・・ ・・・・○●○●●○・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・○○・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例6 完成図、黒先・追詰め (黒9、白9): これも長連筋を使います。
(問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ ・・・・○○・・・●●・・・・ ・・・●○○●●・○○・・・・ ・・・・・●・●・・○●・・・ ・・・・・○・●・○・・・・・ ・・・・・・・○●・●・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例7 完成図、黒先・追詰め (黒12、白12): 余詰めを消すために随分と白石が増え、無駄な黒石も増えました。
(問題を解くページへは譜のクリック)