問題例 (白先・追詰め)

b 04 03 11 10 ・・・・・○・・・・・・・・・ ・・・・●・●・・・・・・・・ ・・・・●・○・・・・・・・・ ・・・・・・○○○●・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 四々にノリ手なし - a

四三を作ろうとするとノリ手で勝てないけれど、 白の場合うまく手順を変えて四々を作るようにすると、 勝ちになることがあります。 この手筋を使って問題化してみます。

b 05 04 12 09 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・●A・・・・・・・・ ・・・・・●・○・・・・・・・ ・・・・・・B○○○●・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

原図、白先: `A後B'の筋は今はノラれています。

ノリ手の存在はそのままに、テーマに基づいた勝ち形にします。


b 05 04 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・●A・・・・・・・・ ・・・・・●・○・・・・・・・ ・・・・・・B○○○●・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先

作例 途中図、白先: 白石をB点の下に置けば、A後Bでノリ手を恐れない四々勝ちとできます。

ただし、その局面では(B A)の四三勝ちがあるのでそれは避けるようにします。


b 04 03 11 10 ・・・・・○・・・・・・・・・ ・・・・●・●・・・・・・・・ ・・・・●・○・・・・・・・・ ・・・・・・○○○●・・・・・ ・・・・・・●●○・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 白先追詰め

作例 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、白先・追詰め (黒7、白6): 最後を四追いの形にし、2回の三で四々を作れる位置に白石を置くことにします。 これで局面はできあがりました。 (問題を解くページへは譜のクリック)

なお、2つ目の三を左下に止めることで、四追いの順序が制限されます。 解答図では制限された順の四追いを書くことになります。