問題例 (黒先・追詰め)

b 04 05 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・●・・○・・・・・・ ・・・・・○○●・●・・・・・ ・・・・・●・○・○・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・・○○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 三をヒキ両側に勝ちを残す - a

「三をヒキどちらに止められても勝ちを残す」ようにして勝ちを導く、 というのは実戦でもよく起こります。 それを詰連珠らしい問題として作ってみましょう。

b 06 05 12 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・AB・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・●・AB・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: この三で、平行にあるA・AあるいはB・Bのトビ二を使って、両側に勝ちが残るようにします。


b 04 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・A・a●・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・・・・●・●・・・・・ ・・・・・・・・●・b・・・・ ・・・・・・・・・B・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 図の配置にすれば、aからAでの四三へ、あるいはbからBでの四三へと進めることができそうです。


b 04 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・●○・・・・・・ ・・・・・・●○・・○・・・・ ・・・・・○・●○●○・・・・ ・・・・・●○●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒7、白7): 本ページの趣旨に則り、止め方に応じて次の三を変え、両側に異なる勝ち方を用意しています。 下側での勝ちを主図としますが、三か両ミセかを迷わせる形になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 04 12 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・A・●a・・・・・・・ ・・・・・・○・●・・・・・・ ・・・・・・●・・b・・・・・ ・・・・・・・●○●●・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・B・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 図の配置にすれば、aからAでの四三へ、あるいはbからBでの四三へと進めることができそうです。


b 04 05 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・●・・・・・ ・・・・・●・・○・・・・・・ ・・・・・○○●・●・・・・・ ・・・・・●・○・○・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・・○○・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒7、白7): 途中図や趣旨が想像しにくい形で作っています。 三をヒイていきますが、手順前後をすると勝てなくなります。 (問題を解くページへは譜のクリック)