問題例 (黒先・追詰め)

b 04 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・○・・・・・・・・ ・・・・・・●○●○・・・・・ ・・・・○●・●●・・・・・・ ・・・・・・・・○・○・・・・ ・・・・・・●○●●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 敢えて四々禁の点を作る - a

黒にとって禁手はいやな存在ですが、 敢えて禁点を作る手が好手になることもあります。 特に、四々の禁点や長連筋を作る手が好手となる例は多くありません。

b 04 05 10 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・○●・●●・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: この1手前には四々の禁点がなかったにもかかわらず、 このように敢えて四々の禁点を作る手が解になる問題を作ることにします。


b 03 05 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・●・・●・・・・・ ・・・・○●イ●●・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・A・・01・・・・・・・・ ・・・・・・B・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 1のトビ三から始め、 A点への三の効きとBからの四ノビとが結びつくように考えてみます。

三・四々があれば四・四三もあるわけで、(イ1)の四追いを消す工夫が必要です。


b 03 04 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●・○・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・●○・●・・・・・ ・・・・○●・●●・・・・・・ ・・・・・○●・○・・・・・・ ・・・・・○・○・・・・・・・ ・・・・●・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒8、白8): 初手からの四追いは他の攻め筋も消す白石2個を使ってノリ手で消し、 攻めの補助の左下の黒石、石数調整のための上部の無駄な黒石を置き、 まずは完成です。 ただ、四々の禁点を作る手を初手にもってきたいところです。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○●・・・・・ ・・・・・●○・・・・・・・・ ・・・・○・●○・○●・・・・ ・・・・○●・●●・・・・・・ ・・・・・○・・○・・・・・・ ・・・・・・●○・・・・・・・ ・・・・●・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1b 作例1の改良図、黒先・追詰め (黒9、白9): 改良になっているかは不明ながら、初手で禁点を作るようにした図です。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 04 05 11 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・●・●・・・・・・ ・・・・○●・●●B・・・・・ ・・・・・・01・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・A・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 四々の点があることは四となる点が他に2つあることですので、 1の三の止め方に応じて、 AかBの剣先のいずれかを使っての勝ちとなるように作ることができるでしょう。


b 04 04 12 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・○・・・・・・・・ ・・・・・・●○●○・・・・・ ・・・・○●・●●・・・・・・ ・・・・・・・・○・○・・・・ ・・・・・・●○●●・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒8、白8): やはり、初手からの四追いはノラれています。 初手の三の止め方に応じて、次の三を変えることで勝ちが出るようになっていて、 四々の点を作った効果が出ている問題になっています。 初手の三を白が右上に止めた時、 次の三が連でもトビでもよいのが残念なところです。 (問題を解くページへは譜のクリック)