問題例 (黒先・追詰め)

b 03 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・●○●○・●・・・・・ ・・・●○・・○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・○・●・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 相手に四三を打たせて勝つ - a

b 05 04 11 10 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・●・●○・・・・・・ ・・・・・○・a○○・・・・・ ・・・・・・・A・・・・・・・ ・・・・・○・●●・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 白はa点で四三を作ることができますが、 敢えて黒Aと白にa点を打たせる手が勝ちとなります。

これが最終局面になるようにもっていく手順は、 意外性もあり考えにくいと思われます。


b 04 05 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・●・●○・●・・・・・ ・・・・○・・○a・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・・b●AB・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 黒はA・Bと進め、白にa・bと打たせると原図の形になります。

余詰めのないように、石数を調整すれば完成しそうです。


b 04 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・・・・・・・・ ・・・・●○●○・●・・・・・ ・・・・○・・○・・・・・・・ ・・・・○・・●・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒6、白6): 途中で白に別の四三の点ができるようにもしてみました。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・○・・・・・・・・・ ・・・・●○●○・●・・・・・ ・・・●○・・○・・・・・・・ ・・・・・・・●・・・・・・・ ・・・○・●・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒6、白6): 目標とする四三まで3回の三が必要となるようにした図です。 正解手順以外では白の好防があって余詰めなく、 手順前後も許されない図になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)