問題例 (黒先・追詰め)

b 03 04 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○●・・・・・ ・・・・・・・●●・○・・・・ ・・・・・●・○・○・・・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・○○●・●○・・・・・・ ・・・・●○・●○・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 力の不足を他所の力で補う - a

局所的な勢力だけでは僅かに勝ちに導けないことはよくあることです。 力のある人はこのような場合、他所にある勢力を目的とする地へと波及させたり、 小さないくつかの勢力を連結して大きな勢力に成長させたり、 複数の勝ち筋を作って見合いにしたりして、勝ちを作り出そうとします。

ここでは僅かに勝ちに至らないけれど、 他所の力を借りてある地点に自石を置くことで勝ちにできるという問題を考えます。

b 03 05 11 11 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・D・・・○・○・・・・・ ・・・・・・・●●・・・・・・ ・・・・○●・●・・・・・・・ ・・・・・○C●・・・・・・・ ・・・・・B・A●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: A・BあるいはA・Cと進めるのはよくある手筋ですが、 ここでは白に三ができるためそのように進めることができません。 しかし、上辺または左辺の何らかの勢力を使ってD点に黒石を置ければ、 三のノリ手を恐れない四追いで勝ちにできます。


b 03 04 11 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・●・・・・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・●○○○・・・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・・○●・●○・・・・・・ ・・・・・○・●・・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 原図D点にフクミ手で黒石を置けるように上辺に勢力を作ってみました。 1手で両フクミの勝ち、という形で完成させても問題として成立しますが、 強防を用意することでもう少し味のある問題へと工夫してみましょう。


b 03 04 11 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・○・●○・・・・・・・ ・・・・●・・●●・・・・・・ ・・・・・・●○○○・・・・・ ・・・・・○○●●・・・・・・ ・・・・○●・●○●・・・・・ ・・・・・○・●○・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒12、白12): 初手の好手、それに対する強防とその対策を考えてもらう問題になっています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 04 12 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・○●・・・・・ ・・・・・・・●●・○・・・・ ・・・・・●・○・○・・・・・ ・・・・・・○●●・・・・・・ ・・・○○●・●○・・・・・・ ・・・・●○・●○・・・・・・ ・・・・・・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・○・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒11、白11): 途中図は省略ですが、同じ趣旨で作った問題です。 初手の候補はいくつかありますが、その後の展開を考えると正解は1つです。 (問題を解くページへは譜のクリック)