問題例 (黒先・追詰め)

b 03 05 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・○・●・○○・●・・・・ ・・・●○○・●・・○・・・・ ・・・・●・・・・●●○・・・ ・・・・●・・○●・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

このページの成果の一つです。 以下の記述を見る前に解いてみましょう (譜のクリックで問題を解くページに移ります)。

以下で、どのような観点と過程からこの問題が生まれたかを見ることができます。


ここでの観点: 一直線に連続四 - a

一直線上に四を連続してノビることは、下図Aのような形であれば珍しくないけれど、 そうでない形で出現するのは珍しいと言えます。

b 02 05 14 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・A・・・ロ・イ●●・●○・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・B・・ロ●・イ●・●●○・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・C・・●ロ・イ●・●●○・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

原図、黒先: 右図のBやCは長連筋のように見えるけれど、 イ・ロと連続して四をノビることのできる形です。 実戦では現われることの少ない形ですが、 このような四ノビが解手順の中に出てくるように問題を作ってみます。


b 03 07 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・AB・イ●・●●○・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・●・・・・・・・・・ ・・・・・・●●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例1 途中図、黒先: 図のような形になっていれば、A後(イB)や、B後(イA)の筋があります。 もう少し詰連珠らしい形に、また手順が一意になるようにする必要があります。


b 03 06 13 13 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・○・・・・・・・・ ・・・・・・・●・●●○・・・ ・・・・・●○○●・○・・・・ ・・・・○●・・○・・・・・・ ・・・・●○・●・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例1 完成図、黒先・追詰め (黒8、白8): 途中図よりは1つ前の状況で、手順前後を許さない形にしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)


b 03 06 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・○・●・・○・・・・・・ ・・・●・・・●・・○・・・・ ・・・A●・・・・●●○・・・ ・・・・●・・・●・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先

作例2 途中図、黒先: 四ノビでAまでもってきて勝つ図になっています。


b 03 05 13 12 ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・○・●・○○・●・・・・ ・・・●○○・●・・○・・・・ ・・・・●・・・・●●○・・・ ・・・・●・・○●・○・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ ・・・・・・・・・・・・・・・ 黒先追詰め

作例2 完成図(ページ先頭の問題例に同じ)、黒先・追詰め (黒9、白9): やはり手順前後を許さないようにしています。 (問題を解くページへは譜のクリック)